10月20日兵庫きらきらぼし質疑応答

Q1,アトピーの方が脱ステをするときの水分制限についてお伺いしたい。

A.大人には水分制限があるかもしれないが、子どもは難しい。ただ、子どもでも夜中起きての水分補給は控えた方がいい。夜はぐっすり眠れるはずだから、水分補給が習慣になると起きる子がいる。

Q2.血液検査で卵にアレルギーの値が出ていたけど、実際には卵料理やおやつで食べれているものもある。来年小学校に入学になるから、食べられるものを増やして入学させたい。アレルギーに対してどんな対応や準備をしたらいいか。

佐藤先生。A.アレルギーは、食べて反応があるかどうか。だから、うち(佐藤小児科)では血液検査はしていない。生の卵を使って出来ているマヨネーズが食べられたら大丈夫。

渡辺先生。A.栄養士で保育所で働く立場としては、食べてから何かあっても責任が取れないから、かかりつけ医から許可が書かれた書類をもらって、提出するようにした方がいい。

Q3.わたしの解釈かもしれないが、プロアクティブ療法で3年間治療すれば治ると言われている。

A.まず、プロアクティブ療法で「治る」と説明している医師がいることに驚いた。最近は薬を使ってもらうために「体質」だと説明している医師がいる。(→わたしも体質だと説明されているとお母さん。)以前、学会でプロアクティブ療法をしている医師に「治った方はいるのか」聞いたら「いない」と答えた。あなたも今通院中の病院で「先生のところではどのくらい治った方がいるのか教えてください」と確認することも大事。

Q4.佐藤先生の治療法をするようになって、肉や魚、何でも食べられるようになっているが、肉などを食べ過ぎて、悪玉菌が出て腸内環境が悪くなるんじゃないかが気になる。

A.なんでも食べられるようになることはとてもいいこと。バランス良く食べていたら細かいことは気にせず、こだわらなくて大丈夫。このまま食べられるものを増やしていけるといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA